11月11日は何の日

※「1」並びの11月11日の今日は、いろんな「日」があるとは知っていたのですけど、調べてみましたら、まぁ、実にいろんな「日」がありまして、面白いので載せてみました。

食品関係[編集]

  • いただきますの日
    「いただきますの日」普及推進委員会が2011年に制定。「1111」が並んだ箸に見えることから。
  • の日
    全国製麺協同組合連合会が1999年に制定。「1111」が麺の細長いイメージにつながることから。
  • ポッキー&プリッツの日
    江崎グリコ1999年(平成11年)11月11日に制定。「1111」が4本のポッキーあるいはプリッツに見えることに由来。以後、毎年キャンペーンを実施している。
  • きりたんぽの日
    秋田県鹿角市の「かづのきりたんぽ倶楽部」が制定。「1111」が、囲炉裏で焼いている4本のきりたんぽに見えることに由来。
  • もやしの日
    「1111」がもやしを4本並べたように見えることに由来。
  • の日
    新潟県村上市が1988年ごろに、またこれとは無関係に築地市場の北洋物産会も制定。いずれも、「鮭」という漢字が魚偏に「十一十一」と書くことに由来。
  • ピーナッツの日
    全国落花生協会が1985年に制定。ピーナッツは1つの殻に2粒の豆が双子のように同居している特徴があるので、ぞろ目の11に由来。

日用品類[編集]

  • 美しいまつ毛の日
    アルマードが2011年に制定。「1111」の数字をまつ毛になぞらえ、それが1年の中で最も多く並ぶ日付であることから。一生涯つき合う自分の地まつ毛も、美しく健康的に保つことが大切、というコンセプトを呼びかけるため。
  • 配線器具の日
    日本配線器具工業会が1999年に制定。コンセントの差込口の形状が「1111」に見えることに由来。また、「秋の火災予防週間」の期間中であり、電気利用の安全啓発も兼ねる。
  • 靴下の日(ペアーズデー・恋人たちの日)
    日本靴下協会が1993年に制定。靴下を2足並べた時の形が11 11に見えることに由来。1年に1度、同じ数字のペアが重なる日であることから、恋人同士(ペア)で靴下を贈り合おうと呼びかけるため。
  • 下駄の日
    伊豆長岡観光協会が制定。下駄の足跡が「11 11」に見えることに由来。
  • ライターの日
    日本喫煙具協会が制定。一般的な細長いライターを並べると「11 11」に見えることに由来。
  • の日
    全日本鏡連合会が2006年に制定。「11 11」や縦書きにした「十一 十一」が左右対称であることから。
  • 電池の日
    日本乾電池工業会(電池工業会)が1986年に制定。数字の部分を漢字で書いた「十一十一」が「プラス・マイナス・プラス・マイナス」に見えることに由来。