七夕

7月7日は、「七夕」の日ですね。

東京は、あいにくの雨ですが、天空は晴れていますでしょうから彦星さまと織り姫さまは、きっと会っているでしょうね。

ところで、この「七夕」は、五節句《七草の節句(1月7日)・桃の節句(3月3日)・菖蒲の節句(5月5日)・菊の節句(9月9日)》の中の一つなのですよ。

五節句の時には、それぞれ食べるものや飲む酒があるのですが、七夕の時は、何を???

それで、調べてみましたら、素麺をいただくところがあるそうです。なんでも素麺を糸にみたて織り姫さまのように織物や裁縫が上手くなりますように・・・ということなのだそうですよ。

それから、「七夕」といえば、笹に五色の短冊ですが、短冊の五色は五行説《緑(木)・紅(火)・黄(土)・白(金)・黒(水)》に当てはめられていて、笹には精霊(先祖の霊)が宿るといわれています。ですので「七夕」は、本来、お盆の行事の一部なのですが、最近、「七夕」は独立した行事になっていますよね。

でも、地方で行われる「七夕まつり」が8月に行われることが多いのは、お盆との関係もあるからだと思います。