お便り

「おさらがわらった」の絵本をご紹介して下さった方のもとに・・・


***食物アレルギーといえば、一昨年の12月に調布で起きた食物アレルギーの小学校5年生の女の子が給食中の誤食により、尊い命を落とした事故が記憶に新しいですが・・・・中略・・・・皮肉なことに、犠牲にも近い形で亡くなった命と引き換えに、その後、教育の現場では、食物アレルギーに対する危機管理体制や、緊急時に於ける対応などが、様々な形の講習会や勉強会などで学ばれる形となりました。今後も、是非に食物アレルギーに対する正しい知識と理解がされることを、願ってやみません。

そうした中でも、多くの課題がありますが、そのひとつに、東日本大震災の様な大災害に見舞われた際のライフライン上に、食物アレルギーの対応に対しては、まだまだ問題が山積みがあるということです。ようやくつながったライフラインに対し、マイノリティの食物アレルギーの対応を求めることは難しい現実です。****


というとても貴重なお便りが届いておりました。


食物アレルギーは、周りの方の理解が絶対に必要です!!

それは、大人、子ども関係なく知識として知っておくべき事だと思います。

食べてはいけないものを食べると命に関わるアレルギーがあるということを軽視してはいけないと思います!!!

ちょっとした配慮でそれが防げるのなら、絶対にその配慮は必要だと思います。