お茶漬け

熱い日本茶(煎茶・緑茶・ほうじ茶・番茶など)を、ご飯にかけたものを一般に「お茶漬け」といいますが、冷たいお茶(煎茶や麦茶など)をご飯にかけてお茶漬けとして食べることがあります。また、ご飯に出汁をかけた「出汁茶漬け」もお茶漬けと呼ばれることがあります。

そして、お茶ではなく、白湯(さゆ)をかけていただくこともあり、これをお茶漬けと区別して「湯漬け」といっています。

お茶漬けは、いつ頃から食べられているかは、はっきりしていないそうですが、戦に行く前に武将が出汁茶漬け(昆布や椎茸などの出汁)を食べていたとか・・・とにかく古くからお茶漬けは食べられていたようです。

また、水をかけて食べる「水飯」というものも古くからあったようです。

私は、お茶碗についたご飯粒を残してはもったいないからお茶で米粒を残さず頂くということから始まったとばかり思っていたのですが、江戸時代には、蕎麦と同じように、(具付き)お茶漬けもファーストフードのような位置にあったようですよ。