ひな人形

一年に一度しか飾らない「ひな人形」を飾るときに、男雛(お殿様)と女雛(お姫様)の飾る位置に悩むことがありませんか。

この「ひな人形」の男雛と女雛の飾りかたにも関東風と関西風があるのですよ。

写真のように、男雛が向かって左側に飾るのが関東風です。

関東風は、西洋風といえます。なんでも大正天皇が国際儀礼である「右が上座」という慣わしを取り入れたときに、関東ではこれが取り入れるようになり、ひな人形の男雛も向かって左側に飾るようになったといわれています。

そして関西風では、向かって右側に男雛を飾ります。これは古来の慣わしで日本の上座は左側だからです。特に京都では、京に都があったときの慣わしを守って、男雛を向かって右側に飾ります。


むかし、刀を腰に差していたころ、左に女の人がいたら、刀を抜くときに一緒にいる女の人を斬ってしまう危険があるので、女の人は右側に・・・とも聞いたことがあります。

ということで、男雛と女雛の飾り方は、こだわりのない方は、関東風、関西風、お好きな位置で飾ってもいいのかもしれませんが、慣わしだけは子どもに教えてあげてくださいね。